【パズドラ】モンスターポイントのモンスターの使い道は無課金には関係ないかも

パズドラで新たに実装されたモンスターポイントですが無課金はどう使えばいいのでしょうか。

巷ではモンポ龍と呼ばれている激強モンスターがいますが無課金で手に入れることが出来るのかどうか。

本記事では無課金のモンスターポイントの使い道を考えていきたいと思います。

Sponsored Link

モンスターポイントとは?

パズドラ 無課金

まず、モンスターポイントについて説明をしていきます。モンスターポイントとはモンスターを売却することにより手に入れることができるポイントです。

このモンスターポイントが実装された背景にはかぶりキャラの救済がありました。モンスターポイント実装前はかぶりキャラをガチャで引いた人は

  • 手元に残しておくか
  • 合成するか
  • 泣く泣く売却するか

のいずれかでした。

そんなかぶりキャラに対してユーザーの不満はどんどんと蓄積されていったのです。そのかぶりキャラの救済の答えがモンスターポイントです。

ガチャキャラを売却すると通常モンスターよりも多くのモンスターポイントが手に入ります。一応コレが運営が提示したかぶりキャラの救済です。

色々と賛否があったものの今では一段落しているといった感じです。

無課金はどうするべきか?

パズドラ 無課金

さて、モンスターポイントと無課金の付き合い方です。これについては現状ではほぼ関係ないと言っても良いのではないでしょうか。

というのも、無課金にとってレアガチャのキャラというのは超貴重といっても過言ではありません。つまり売却するという選択肢がそもそも無いといえるわけですね。

そうなってくるとモンスターポイント集めにはイベントの果実龍などを売却するというのが最も効率的だと思います。

ちなみに果実龍などのモンスターを売却するとモンスターポイントが3000もらうことが出来ます。無課金にとって3000ポイントというのは大きいですよね。

なので、そういったイベント時にモンスターポイントが得られる機会をしっかりと把握して貯めておきましょう。

そうした積み重ねで30万ポイントのモンポ龍が買える日も来るかもしれません。

あ、そうそう降臨モンスターを売ると10ポイントもらえますので降臨カーニバルなどを周回するのも良いかもしれませんね。

でも、スタミナにもよりますが魔法性はかなり吹っ飛びますが…

モンスターポイントは今後どうなっていくか

Sponsored Link

モンスターポイントの今後について個人的な感想を書いていきたいと思います。

現状のモンスターポイントの位置づけは完全に課金者向けのコンテンツとなっております。それがよく分かるのがモンポ龍ですね。

特にシヴァドラ・ラードラは今のパズドラで猛威を振るっています。極限の闘技場を周回できるリーダーなんて今の段階ではラードラ以外いません(テンプレ必須ですが)。

このことから分かるように今後モンスターポイントで購入できるモンスターはインフレが進んでいくことでしょう。

現状で買える最大が30万のモンポ龍です。しかし、今後30万を超えるモンスターが出てくるのは必然だと思います。

おそらく、行き着く先は100万ポイントで買える『超究極覚醒モンポ龍』になっていることでしょう。もう倍率なんてぶっ壊れかと思うほどの性能でしょうね(笑)

ただし、こういうのがあっても面白いと個人的には思うのですが実装されるのは大分先だと思います。

実装されるとしても3年以上先になるんじゃないかな~と思っています。

まあですね、無課金にとってモンスターポイントって本当に関係ないんですよね(笑)しっかりと貯めた魔法石でレアガチャを引くわけです。

それを売るというのは考えにくいですからね~。

そうなってくると、無課金と課金の差がかなり開いていくのではと思います。それでもやるのが無課金プレイですので特に文句はないのですが文句を言う人も出てきそうですね~。

と、妄想たっぷりの記事でした。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ