モンストの良い所と悪い所

パズドラの少し後に出てきたソシャゲで引っ張りハンティングゲームです。

スポンサーリンク

モンストの面白い所

爽快感

強いキャラでクエストを簡単にクリアするのが面白いかもしれない。TFAで昔のクエストを蹂躙するのは爽快感あって気持ちいいのは間違いない。笑

モンストの悪い所

キャラゲーが加速している

適正キャラがいないとそもそも無理なので、持っていないと門前払いをくらいます。そのキャラをガチャで当てるためにお金をかける気もないし。

紋章や魂気がしんどい

正直いまだによくわかってない機能だったりする。

運極集めもほぼしていないので正直自分にとっては意味のない機能なのかもしれない。

ちなみに紋章をガン積みするとワンパンラインが変わって別ゲーになるらしい。

サーバー強化しよ?

初登場時のゲリラの日が燃えていますね。

逆に言うとモンストの人気ぶりが分かりますが、だからこそしっかりとやってほしかった。

サーバー強化が難しいのなら回数制限を設けるとかやりようはいくらでもある気がするんだけどね。

ガチャの星玉(ホシ玉)は対象キャラを確定にしてもいいのでは?

前々から思っていたんですけど、ホシ玉で対象キャラ以外が出ると本当にがっかりします。

もうホシ玉は対象キャラのみが出るでいいんじゃないでしょうか?

マルチ専用クエストの廃止

もう正直いらないでしょ。笑

何のために存在しているのか不明なので早く無くしてほしいですね。もしくは覇者の塔みたいにゲストもクリア扱いにしてほしいです。

過度なコラボの匂わせが酷すぎる

2020年11月11日に七つの大罪コラボが発表されました。それ自体は別にいいんです。コラボが来るのは新規を呼び込めるのでモンストにとってもユーザーにとってもwin-winだと思っています。

しかし、今回のコラボ発表には素直に喜べないんですよ。理由がNARUTOコラボを匂わせすぎたからです。

もちろん、モンスト運営は一言もNARUTOコラボをやるとは言っていません。なので最終的には勘違いをしたユーザーが悪いということになるんですかね。

というわけで今回のモンスト運営がやったNARUTOコラボの匂わせを少し紹介します。

  • 11月11日(水)の麺の日にわざわざモンストニュースを変更した
  • 「ラーメン作ります」というキーワードを運営が発表する
  • 食材のナルトをわざわざ目立たせるような演出
  • 降臨スケジュールがNARUTO関連が多い(例:ジライヤ・オロチマル・ツナデという名称の降臨がなぜか同じ日に来た)
  • 上記、伝説の三忍(ジライヤ・オロチマル・ツナデ)の口寄せ獣に似た降臨もなぜか一緒に来ていた
  • その他にもどう考えもNARUTOコラボの匂わせが多い情報があったのは事実

さすがにこれを偶然という言葉で片づけられたくはないです。どう考えても意図的にNARUTOコラボの匂わせをしていると思います。

ハッキリ言って運営にがっかりしたし、「こういうことを普通にやっちゃうような運営なんだな」って思ったのも事実。こういうことやってると信用無くしますよ。

スポンサーリンク
おすすめの記事