【パズドラ】辞めたい・辞められない人の理由を考える

パズドラを辞めたいけど辞められないと思っているからこの記事を見ているんですよね?

本記事ではパズドラにマンネリを感じている人に向けた記事です。

今でもパズドラが最高に面白いという人はこの記事を見る必要はないので、今まで以上に楽しみましょう。

スポンサーリンク

パズドラを辞めたい人へ

この記事を読んでいるということは

「パズドラ辞めたいな~」

と少しは思っている人でしょうか?

いらっしゃいませ。と言いたいところですが、ちょっと待ってください。

パズドラを辞める前にちょっとだけ時間をください。

一時の感情でパズドラなどのソシャゲをアンインストールして後悔した人を私は多く見てきました。

あなたにそんな思いをしてほしくはないんです。

なので一瞬でも良いので時間をください。

パズドラを辞めて後悔した日

この記事を書いている私もパズドラを辞めたいと思ったことがないと言ったら嘘になります。

というよりも一度パズドラアカウントを消去したことがあるんですよ。

その辞めた時期って言うのが丁度パズドラログイン日数で言うと約150日ほどになる頃でした。

あの時は衝動的に消してしまったのですが今となっては後悔をしています。

結局再インストールをして初めからやっていて、現在もほどほどに楽しんでいます。

マンネリを楽しむ

パズドラにかぎらず全てのソーシャルゲームに言えることかもしれません。

パズドラはソーシャルゲームの代名詞とも言える存在です。運営期間が長くなってきたのでこう感じることが多くなりましたね。

そしてパズドラというゲームは基本的に育成ゲームだと思います。

  1. 育成をする
  2. 強い敵(ダンジョン)を倒す(クリアする)

1、2の繰り返しのゲームです。

辞めたいと思っているならばこのマンネリを楽しむことも良いかもしれません。

マンネリは悪いことのように思えますが逆に考えるといつも同じで安定しているとも言えます。

長く遊び続けられるゲームだと思うと気が楽になる

パズドラは今のところはサービス終了という噂も聞きません。

ということはそれすなわち長く遊べるゲームということです。

しかも無課金ならばお金は一切かかりません。

暇潰しとして考えたら最高レベルの暇つぶしだと思いませんか?

今もパズドラを辞めたいと思っている人は気楽にプレイするといいかもしれません。

色々なパーティーを作ってみる

パズドラはやりこみ要素の強いゲームです。

だったら、色々なパーティーを作ってみるのも面白いかもしれません。

パズドラをプレイしている人の中には全てのモンスターをゲットするのが趣味という人もいます。

そういう人のように目標をもって、とことんやり込むというのも長続きするコツだと思います。

いわゆる縛りプレイでレアガチャ禁止をするのはオススメプレイです。

スタミナの範囲内でやることを決める

パズドラは長く遊べるゲームなので急ぐ必要もありません。

対人戦も今のところはないので自分のペースで大丈夫です。8人対戦という新コンテンツが登場しました。

パズドラを辞めたいと思っている人は他の人と比べる人が多いような気がします。

これはYouTubeやSNSが普及したことによって、他の人のプレイ動画などを見る機会が増えたからでしょうね。

個人的にはあまり見ないほうがいいような気もします。

人のことを気にしないでスタミナの範囲内で遊ぶと決めればいいんですよ。

無課金ならお金も使わないのでお財布にも優しいですし!

パズドラを辞められない人へ

ここからはパズドラを辞められないと思っている人へ向けてどうすればいいのかを考えてみます。

辞めたい人よりも辞められない人のほうが精神的にキツイと思います。

辞められない人の理由を考えていきます。

なぜ辞められないのか

あなたが止められない理由はもしかしたらコンコルド効果が原因かもしれません。

コンコルド効果(Concorde Effect)とは、このまま投資を進めると損失が出ると分かっていても、これまでに投資した分を惜しみ、ついつい投資を継続してしまう心理的傾向のこと。

つまり今までこんなに時間とお金をかけてきたのにここで辞めたら今まで頑張ってきたものが全て水の泡になってしまうから辞められないということです。

パズドラに限らずコンコルド効果によって辞めたくても辞められないことって多いと思います。

パズドラやる意味ないと気づいたら辞められます

ではどうすればパズドラを辞められるのかというハナシです。

それは単純なことですが、パズドラよりも面白いことを見つけるということです。

それができたら苦労しないって!

なるほど。確かにそうです。

しかし一番スッキリ辞められる方法がより面白いことを見つけるなのです。

無理やり誰かに頼んでデータを消して辞めるという方法も確かにあります。それで辞めれたという人も知っています。

ただ個人的にはオススメしたくはないです。

その方法だとリバウンドする可能性が高いです。

ダイエットと同じで健康的にパズドラも辞めないと、どうせまたやるようになります。

そういう人も見てきました。

そもそも辞める必要はあるの?

本当にパズドラを辞める必要があるのかと、もう一度自分に聞いてみてください。

パズドラも別に悪いもんじゃありません。

ちゃんと理解して自分で制御出来ていたら楽しいゲームです。

なので無理やり辞める必要もないと私は思っています。

辞めるときは本当にあっさりとすんなりと辞める人が多いです。

今辞めようか悩んでいる人は心のどこかで消すのがもったいないと思っているはずです。

そういう時は一度パズドラから離れてみてください。それでもパズドラやりたいなら消す必要はありません。思う存分やりましょう。

もしパズドラに対して何の未練もないと思ったらその時に辞めればいいのです。

スポンサーリンク

結論:辞めたいときが辞め時なのでアンインストールしてスッキリしましょう

パズドラが辞めたい・辞められないと思うのは誰にでもあることだと思います。

おそらく一度もそういうことを思ったことがないという人のほうが少数派です。

なので気にする必要はないですし、なんなら思い切ってパズドラから離れてみるのもいいかもしれません。

一度離れてみることでパズドラの面白さが再認識できるかもしれません。

ちなみに私の場合はとある事情でパズドラを1週間辞めた時期がありました。

そして1週間後にパズドラをプレイした時は

「あれ?パズドラってやっぱり面白いしよく出来てるな~」

と思ったんですよ。

パズドラは良くも悪くも中毒性のあるゲームです。

いや、パズドラに限らずソーシャルゲーム全般に言えることでしょうね。

ソーシャルゲームもビジネスです。

儲けがなければサービス終了まっしぐらです。儲けを出すためにスマホゲーム各社が色々なサービスを考えています。

それは素直に凄いと思います。

「でも、このゲームをする生活はいつまで続くのだろうか?」

と、ふと思うときもあります。

物事には始まりがあれば終わりがあります。

それはゲームにも言えることです。我々は結局のところエンディングを見るためにゲームをしているわけです。

しかし、パズドラというゲームはRPGとは違い明確なストーリーがないです。

一応伝説の龍を探すみたいなストーリーはありますが…。あと紙芝居的なストーリーもありますが、あれは……まあ、そういうもんだと割り切っています。

そうなるとパズドラは同じことの繰り返しのゲームです。例えるならばぷよぷよテトリスと言ったゲームと同じですね。

行き着く先は自己満足の世界です。エンディングが無いわけですから自分が満足するまで遊べます。

この手のゲームが好きな人にとっては神ゲーとまで言えます。しかし、反対にエンディングが無いゲームに対して飽きる人や全く興味がない人もいます。

もしかしたら、あなたは同じことの繰り返しで飽きてきているのではないでしょうか?

ゲームをする理由は本当に人それぞれです。

今一度パズドラをする理由を考えてみましょう!

 記事の内容は執筆当時のものとなります。何卒ご了承くださいませ。
スポンサーリンク
おすすめの記事