有料級とか自分で言わないほうがいい

インターネットが普及し、色々な人がネットに参入してきました。その中には自分の持っている情報を大げさに言う人も出てきました。まあ、別にいいのですが謳い文句が「この情報は無料なのに有料級の情報なんです!」というのは個人的に苦手です。

この記事で分かることは【情報の大切さと情報の選び方】とかです。私自身も偉そうなことは言えませんが正しい目で物事の本質を見極めていきたいものです。一緒に正しいネットリテラシーを身に付けていきましょう。

スポンサーリンク

今の時代ほとんどの情報は無料で手に入る

今の時代はありがたいことにインターネットで無料の情報が多くあり、わざわざ有料の情報を買わなくてもよくなっています(良いかどうかは置いといて)。

なのでお金を払わないと良い情報は手に入らないという幻想をぶち壊しましょう。

検索力を身に付けたほうがいい

まず無料の情報がネットという広大な海にはありますけども、そもそもそこにたどり着けなければ意味がないですよね。

そのために必要なのが【検索力】です。検索力がないと自分の欲しい情報までたどり着けません。だからまずは検索力を鍛えましょう。

検索結果1ページ目にはいないけど有用な記事もたくさんあるものです。1ページ目にある記事が全て良い記事かというと決してそんなことはありません。「なんでこんな記事が1ページ目にあるのだろう?」という事も多々あります。まあ、SEOの事はGoogleしか分からないので考えてもほぼ無駄ですね。

とにかく検索力を上げて自分の欲しい情報を手に入れるという事が重要になる。

本も良いですよ

インターネット上の有料情報を買う前に少し考えて欲しいのが、「本当にその情報を買ってもいいの?」ってことです。

私の経験上インターネットにある有料情報で、全員が満足って物はほぼ無いに等しいですよ。実はちゃんと検索してみたら無料でも同じような事が書いてあったというような事は特に珍しいことではありません。

だったら本買ったほうが100倍いいですよ。例えば『文章の正しい書き方』を知りたいのならば、本屋に行くなり電子書籍を探すなりして該当する本を買いましょう。もちろんインターネットで調べて無料で勉強するのもいいでしょう。

やっぱりインターネットの有料情報に比べると本のほうが情報の質が高いと個人的に思っています。私の場合はライティングについて学ぶときも本を選びました。『沈黙のWebライティング』という本です。この本はおすすめなのでブログをやっている人は買って損はないです。

有料級かどうかは受け手が判断すること

たまに「この情報は有料級の情報です!」みたいに自ら言ってしまう人がいるのですが、その判断をするのは受けて側なので自信過剰な人だなあと感じてしまいます。

そういう人が販売している有料情報の内容は正直お察しレベルなことが多いです。「そんなレベルで売ってしまうのはどうなんだろう?」とも思うけど売るのは自由だからしょうがないか。後は後述するけど値段設定にもよります。

情報は4パターンに分かれる

情報の内容は以下の4パターンに分かれる。

  1. 無料情報なのに有料レベル←これが最高
  2. 無料情報で無料レベル←妥当
  3. 有料情報で有料レベル←妥当
  4. 有料情報なのに無料レベル←こっちは最悪

1は特にうれしいけど2、3でも満足は出来ると思います。しかし、4の『有料なのに内容が無料レベル』は最悪です。ハッキリ言って詐欺商品と言ってもいい。こういう商品を掴まされないためにも、口コミ情報や自身のネットレベルを上げていきましょう。

通販サイトなどではレビュー操作があるので、買い物する時などはサクラチェッカー等のサイトを利用するのもいいと思います。

スポンサーリンク

有料情報を買ってくれる人はあなたのファンになった人

もしあなたが有料商品を売る立場になった時に考えるべきことです。

ファンを大事にしましょう

当たり前の話ですがあなたの商品を買ってくれるという人はあなたのファンなわけです。だから絶対に大事にしなければいけません。フォンはあなたが好き、あなたもファンが好きという状態に持っていけたら最高です。変な人は別ですけどね。

広く浅くより狭く深くを考える

色々な考え方があるとは思いますが私は狭く深くという状態が好きです。オンラインサロンやクラウドファンディングなどは私の考えと近いやり方です。

不特定多数の人に愛想よくしていると変な人も寄ってきます。それもまた一興という人は良いんですが、私はまだその領域には至っていないので出来るなら狭く深くで活動していきたいですね。

有料なのに無料情報より質が低いのもヤバい

まあ、、、なんというか、、、詐欺商品っぽい匂いがぷんぷんします。

noteはそういうの多そう

noteでは売る側が値段を決められるのでガッカリ商品も多そうです。まあ、何をもってガッカリなのかは人それぞれなので何か言うのは無粋だと理解していますのでご了承ください。

買った人が満足していたら例え1万円だろうが100万円だろうがいいんです。お金の価値観は全員違いますから。

少額だったら買ってみるのもありだと思う

noteの中には良い商品も多いと思うので買うのはもちろんありですが、高額商品よりかは安価な商品を買うほうが良いかと思います。

物によっては100円から買えるものもあるので試しに買ってみてもいいでしょう。それで内容が無料レベルだとしても100円だったら許せる気がします。

例えば百円ショップでも言い方は悪いですが『しょせん100円』と考えたらありですよね。むしろ『100円でこのクオリティなのか!すごい!』ってなることもあるので、安くても悪いことだけじゃないです。

結論

色々と書いてきたのですが、結論としては自分の目を養おうということです。有料の情報には価値があるという思い込みは捨てて、本当にそれだけの価値があるのかと考える癖をつけましょう。

ネットには無料で様々な情報があります。良い情報もあれば悪い情報もあります。それを見分けることが大事。

有料情報に踊らされないようにしましょう。

スポンサーリンク
ゲームを売るならゲーム買取ブラザーズがおススメです!

ダンボールに詰めて自宅で待つだけでご自宅まで無料で集荷に来てくれる!

送料無料、査定無料、梱包材無料、手数料無料なので至れり尽くせり♪

選ばれる10の理由
  1. 業界最高クラスの高価買取
  2. コストカット分を買取査定額へ上乗せ!
  3. 商品の買取価格公開中!
  4. 買取専門スタッフによる厳密査定!
  5. 送料・手数料・査定料・梱包材がすべて無料
  6. カンタン便利な梱包キットを無料でプレゼント
  7. ご自宅まで集荷に伺います♪らくらく宅配買取!
  8. 当日集荷、スピード対応!
  9. ピード査定・即日入金をお約束!
  10. キャンセル可能!
おすすめの記事